手土産として紹介していたオムレットがお菓子の菓風のオムレットだ

過日プログラムされたとんねるずみなさんのおかげでした、の食わず嫌い皇族確定戦に出席していた井上君が手土産として紹介していたオムレットが間食の菓風のオムレットだ。オムレットと言えば、ふわっとのスポンジマテリアルの間に生クリームがはさんである間食のことを言いますが、各種洋菓子売り場も販売されているのですがここのオムレットは今までのオムレットと違って全然うまいそうです。何が違うのか、それはひと度スポンジから違っています。
職人がこだわって焼いたスポンジなのですが、玉子も新鮮な地鶏としていますし、生クリームの宿命に合うように作られたスポンジクリームは、大いにふわりでおいしいそうです。一流の洋菓子売り場で修業を通してきたパテシエがこだわってこだわって作ってきたスポンジ甘味ですからうまいに決まってますね。
そうして次は生クリームだ。執着心のスポンジ甘味の中にある生クリーム、こちらも北海道産の搾りたてのおっぱいから作られた生クリームですから実に旨いのです。ふわりに焼けたスポンジとの宿命がばっちりの、こちらもふわっとの生クリームだ。こういう2つが合体してできたオムレット、これはもう逸品でしょうね。ふかふか軽々しいスポンジに、ふわっととろけるように小気味よい生クリーム。間食の菓風のオムレットは粘り続けて作られた間食だ。現在テーストは6系統ありますからプレーン、チョコ、イチゴ、塩気キャラメル、栗、ティラミスの中から選ぶことができます。アソコの臭いを消す