筋肉のもととなる大豆製やタンパク質を意識して摂取して筋トレをすると良い

クラブに通い取り掛かり、ウィークに3お天道様くらいのペースで運命動いていました。ウエイトも減ってきたし、筋肉もついてきて、しだいに締まったカラダになってきました。ですが、必ず気になる要素がありました。それはお腹のしまり様相だ。腹筋はしていましたが、くびれが出来るほどの見た目ではなかったので、講師を塗り付けた本格的な筋トレを始めました。
本当に、筋肉分量を繰り返すために、糖質限定減量をしました。筋肉となる元に繋がる大豆製やタンパク質を意識して摂取し、再度筋トレをしました。
筋トレは腹筋するだけでなく、お腹全体の筋肉を使う筋トレを何ランキングかやりました。腹筋も面白くできるように、エクササイズボールによる進歩をしました。
金字塔苦労した部分は、脇腹だ。斜め45たびくらいで横向きになって腹筋決める。どんどんダンベルを持ってダメージをかけたり、金字塔凄い造りで個数十秒キープしたり、とりあえず金字塔嫌いな日にちでした。
お腹を集中的に鍛え始めた時が夏に近かった結果、集中して一所懸命やりました。
その成果が出たのか、とりわけウエストが細くなってきました。初々しいボトムスを買いに行くと、今までの体積から下の体積を何度も試着したのを覚えています。
そうしてくびれがハッキリしてきて、憧れの水着もお腹を隠すことなく堂々と着けることが出来ました。
今は懐妊が発覚し、腹筋は脂肪になって、ウエストも大きくなりました。
ですが、ボクには尽力をした飛躍の経験があるので、産後も頑張ってエレガント無くびれを奪い返したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です